【ビジネス文書検定】 時候のあいさつはごく基本的なものを覚えて使う

第68回 ビジネス文書検定2級(表記技能)

Q.次は、連続した3カ月の時候のあいさつの語を示したものです。これについて、①下線部分aの時候のあいさつは、一般的には何月に使われるか答えなさい。②下線部分bを、漢字で答えなさい。③下線部分cには、どのような語が該当するか。漢字で答えなさい。

問題解説

 社外文書で使用する「手紙用語」は、「読めること」「書けること」「使える(活用できる)こと」が大切です。手紙の用語の中でも、今回取り上げるのは「時候のあいさつ」の語。時候のあいさつの語に関しては次の3つの形式いずれかで出題されます。

A 時候のあいさつの語と月の関係を問う問題
 問.次は、時効を表す言葉とその言葉を使う標準的な月の組み合わせです。中から不適当と思われるものを
   一つ選び、番号で答えなさい。

  (1)初春の候=3月 (2)初夏の候=6月 (3)初秋の候 (4)初冬の候=12月

   [解答](1)(3月は早春が一般的)


B 漢字の読みや表記を問う問題
 問.次の礼状の下線部分を、漢字で書きなさい。

  (1)キンケイ  (2)コウカンの候、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

   [解答](1)謹啓 (2)向寒(11月に発信する文書で使う)


A+Bの問題
 問.下線部分の□内に、該当する手紙用語やビジネス文書での言い方を書き入れなさい。
  
   □□の候、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
  (5月を表す時候の語)

   [解答例] 新緑