概要

秘書検定とは

 文部科学省後援「秘書技能検定試験」は、秘書を目指すためだけの資格ではなく、社会人としての良識やマナーの基本が身に付いていることを証明する資格です。就職・転職活動に欠かせない資格として安定した高い人気があり、企業で取り組む例も増えています。
 検定試験で問われる内容には、正しい敬語の使い方やビジネスマナー、態度や物腰、立ち居振る舞いなどが含まれており、日常でも活かせる内容として幅広い世代の方が受験しています。
 年間受験者は約15万人で、これまでに800万人を超える方が受験しています。

秘書検定とは

こんな方におすすめ!

これから就職をめざす方

これから就職をめざす方

 秘書検定は、オフィスで気持ちよく仕事をするための心構えや職場常識、ビジネスマナーなど、社会人として必要な知識や技能が問われる検定です。
 秘書検定の受験を通して、きちんとしたあいさつ、正しい言葉遣い、感じのよい話し方、機転の利かせ方など、オフィスで働くためのベーシックスキルを学ぶことができ、就職活動や入社準備に役立ちます。

スキルアップをめざす方

スキルアップをめざす方

 社会に出てからビジネスマナーをきちんと教えてもらう機会は少なく、知っていて当たり前とされています。きちんとした応対が出来る人はステキですよね。正しい敬語、感じのよい来客応対、贈答のしきたりや丁寧な電話応対など秘書検定できちんと覚えましょう。

出題領域

筆記試験の出題領域は、以下の5領域に分かれています。

「理論編」

  • 必要とされる資質
    秘書の仕事は上司の仕事の補佐です。上司の仕事を理解し、気配りと臨機応変な対応能力が問われます。
  • 職務知識
    上司の仕事に専念してもらうために、上司の仕事をどのように補佐するかなど、秘書特有の仕事の仕方について問われます。
  • 一般知識
    ビジネスの場で使用される経済用語・時事用語など社会常識的な言葉を問われます。

「実技編」

  • マナー・接遇
    マナーは対人関係では欠かすことのできないものです。対人関係の基本となる言葉遣い、来客応対、交際業務、慶弔のしきたりなどについて問われます。
  • 技能
    ビジネスの場で必要な、文書作成、ファイリング、スケジュール管理、事務用品、オフィスの環境整備などについて、常識的なことが問われます。

合格基準

筆記試験は1級~3級とも「理論」と「実技」に区分され、それぞれの得点が60%以上のとき合格になります。
理論領域が満点でも実技領域の得点が60%未満では合格になりません。
また、準1級と1級は筆記試験に合格すると面接試験もあります。

  • 必要とされる資質
  • 職務知識
  • 一般知識

「理論編」
60%以上

  • マナー・接遇
  • 技能

「実技編」
60%以上

合格!